boom!

面接で会社の情報を引き出そう

転職活動をする際に、会社の情報を1つでも多く知っていることはとても大切なことであると言えます。1つでも情報を知ることで転職をする上で大切な参考資料ともなります。 インターネットや実際に会社に勤めている人の話を聞いていく中で情報をすべて把握することが出来れば、それに越したことはありませんが、そうではありません。会社の情報を多く知るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。 情報を引き出すポイントは、実は面接にあるのです。

面接は情報を引き出すチャンス

面接は自分のアピールをする場所でもありますが、会社の情報を聞き出す場面でもあります。例えば、会社がなかなか教えてくれない情報があります。実力主義の会社という評価が多い中でも会社の実態は不明。そんな時に面接を活用すればうまく聞き出すことが出来るのです。では、どのようにすれば聞き出すことが出来るのでしょうか。 (1)ストレートに聞かない。 情報を聞き出す上で大切なのは、ストレートに情報を聞き出さないということです。 会社に対して情報を直接聞き出そうとしても教えてくれるはずがありません。そのため遠回しに聞くことが大切なのです。 (2)聞き方を遠回しにする。 実力主義で中身がわからない会社でも、ヒントとなる情報を聞き出すことは可能です。例えば、会社にたいして、「◯◯というポジションを務める人が求められるポイントは一体何か」や「評価することが出来る人材とは一体どんな人か」など、直接的ではない聞き出し方はいくつかあるのです。これを活用することで必要な情報を聞き出すことが出来るのです。 (3)何を聞きたいのか決めておく。 面接は時間が限られています。そのため、100知りたいことがあってもすべて聞けるわけでもありません。面接をシミュレーションした際に、どの質問であれば答えてくれるのか。ということをしっかりイメージすることも大切なのです。

まとめ

面接は、自分のアピールをする場所だけではなく、会社が一体どのような場所なのかを知るための情報を引き出す場所でもあります。情報を聞き出すことも大切ではありますが、踏み込みしすぎないことも大切です。 面接をただ受けるだけではなく、活用することで、採用された時に後悔しないための予防策の1つであると言えます。転職活動を行う際は、面接をうまく活用することも必要であることを頭に置いていても良いかもしれません。