転職boom

入社後すぐに退社でもチャンスがある。早期退社者が転職の際に重宝される理由

一時期に比べると改善されてきているとはいえ一筋縄ではいかない就職。なんとか勤め先が決まり働き始めるも、自分には合わないと感じせっかくの会社を早期退社してしまう方が後を絶たません。退社する以上何かしらの決断を迫られます。実家の仕事を継ぐや女性ならば婚活など人それぞれですが、多いのは転職活動でしょう。実は早期退社された方々の需要は非常に高く、多くの場で必要とされています。ここでは、早期退職をした・決断した方たちが重宝される理由を中心に説明します。

なぜ早期退社者が重宝されるのか

早期退社した方たちは「すぐに辞める方」と見られると考え、あまり良くなさそうな会社に焦って再就職する方もいますが、短期間で辞めてしまい経歴に泥を塗ることになりかねません。そのようなことをしなくとも人材を探している会社はあります。早期退社をした方は第二新卒と呼ばれ、この第二新卒者を獲得したいと考えているのが中小企業です。新卒者は採用コストが多くかかるため、中小企業は第二新卒の若い世代を獲得します。業績が安定していて更に休み+ボーナスまで出る中小企業が探してみると第二新卒者のみを求人していることもあります。

一度目の反省を生かし企業を見極める

第二新卒での転職は皆さんが思うよりもうまくいく可能性があります、需要があるからです。しかし、第二新卒でも失敗即ち退社してしまうと他の第二新卒者に大きく差を付けられます。なので第二新卒での転職は会社を見極めるのが重要になってきます。見極めるポイントとなるのは休みの日数です。年間120日の休みがあるのかを目安にするといいでしょう。また会社に赴くことがある場合、会社の空気感を感じ取ってきましょう。不穏な空気を感じたらたとえ内定を貰っていても勇気をもって撤退しましょう。大げさに言うならば第二新卒での転職がラストチャンスです。ここぞという時までは臆病な行動でいいかもしれません。

退社理由を明確に

第二新卒の転職時の面接では必ず退社した理由を聞かれます。言い訳ばかりを述べても面接官の方のプラス評価にはなりません。反省と改善を伝える方が印象はいいです。なぜ短期間で辞めてしまったのか・次に務める会社で何に注意をするかなどをまとめ伝えるのが重要になります。

まとめ

一度失敗して諦めるのは早いです。失敗の原因を自分で分析・まとめ、次に臨みましょう。